VR/AR/MR ビジネスEXPO TOKYO 〜VR/AR/MRの最先端に触れる国内最大規模の展示会~

Description
※時間別チケットについて
体験時に長蛇の列が発生することを防止するために、時間帯ごとの入場チケットを販売しています。
チケットに記載の入場時間以降であれば入場可能です。定刻にお越しいただく必要はありません。
また、退場時間は分けておりませんので、ご都合のよろしい時間のチケットをご購入ください。

ご入場の際は、お一人様1枚でご用意いただきますようお願いいたします。

ますます盛り上がりを見せている、VR(バーチャル・リアリティ)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)。エンターテイメント向けと思われがちですが、国内外ではビジネスでの活用が急速に拡大しています。作業のシミュレーションやトレーニング、プロダクトデザイン、ショーケース、研修、遠隔コミュニケーションなど、様々な用途で活用が進んでいます。

本イベントは、VRのビジネス活用に関心のある企業・投資家等の皆様を対象に、VRのB2B活用などを展開している企業の体験展示、ならびにビジネスマッチングの機会をご提供いたします。2017年9月東京、2018年10月大阪に続き、3回目となる今回は東京での開催です。
また今回は、米国のVR/AR専門ファンド「The Venture Reality Fund」の協力によりシリコンバレーの企業の紹介ブースも設ける予定です。国内外の最先端ビジネスに触れるまたとない機会となります。出展社の情報は随時更新していきます。

なお前日(10月3日)にはプレイベント
VR/AR/MRの産業利用の今を語る」ビジネスEXPO TOKYO前夜祭」を開催をします。
Peatixページはこちら
VR/AR/MR ビジネスEXPOに参加される方(参加者、出展者)は前夜祭の入場料が無料となります。

過去の開催アンケートでは、8割近くの来場者様から「大変満足した、満足した」との回答をいただいております。実力のあるVR企業のソリューションに実際に触れてコネクションを形成する絶好の機会にぜひお越しください。

※請求書支払いをご希望の方はページ右側「主催者へ連絡」からお問い合わせください。


追加情報
2018年9月4日 出展企業を追加しました。
2018年9月20日 プレイベント公開しました。


イベント内容や出展企業の詳細は「公式サイト」をご参考ください。

■出展企業
HTC NIPPON株式会社
株式会社セック
株式会社神戸デジタルラボ
株式会社ナレッジコミュニケーション
ZOTAC
フォージビジョン株式会社
株式会社積木製作
株式会社Synamon
DataMesh株式会社
株式会社IMAGICA
株式会社アルファコード
株式会社スペースリー
株式会社eje
日本ノーベル株式会社
silvereye株式会社
株式会社テレビ朝日メディアプレックス
株式会社デジタル・ナレッジ
株式会社ケイズデザインラボ
株式会社エム・ソフト
Virtualitics
株式会社Mogura
StarVR Inc.
株式会社ジャパンディスプレイ
株式会社QDレーザ

(順不同)

※各社詳細はページ下部をご覧ください。
※主催の株式会社Moguraは「VR/AR/MRよろず相談所」ブースを設けます。VR/AR/MRに関する全般的な相談を受け付けております。また、自社コンテンツ/サービスの展示も予定しています。ぜひお立ち寄りくださいませ。

■本イベントの対象者
・B2B領域におけるVR/AR/MR活用を導入検討・検討中の方
・VR/AR/MR業界で実績を積んでいるプレイヤーとの接点を作りたい方
・ビジネス向けのVR/AR/MRコンテンツを体験したい方

など

■参加を通して得られること
・B2B領域におけるVR/AR/MR活用の実例を知り・体験することでビジネスのヒントを得る
・VR/AR/MR業界のキープレイヤーとの接点を得る

など

【イベント概要】
日時:2018年10月4日(木) 10:00~18:00
 ※時間帯ごとの来場チケットを販売いたします。
 ※ブースにより体験にはお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
場所:AKIBA SQUARE
  (東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX2階)
アクセス:JR「秋葉原駅」電気街口徒歩2分、東京メトロ銀座線「末広町駅」1・3番出口徒歩3分、
東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」2・3番出口徒歩4分、つくばエクスプレス「秋葉原駅」A1出口徒歩3分
JR秋葉原駅電気街口より、アキバブリッジにて直結しています。
参加費:3,000円
募集人数:最大550名程度
主催:株式会社Mogura、DBJキャピタル株式会社

ほか、イベント内容や出展企業の詳細は「公式サイト」をご参考ください。

【ご留意事項】
体験1回あたり5~15分程度の時間がかかります。また、混雑度によっては、待ち時間が長びくことが予想されます。参加いただいても、すべてのコンテンツの体験をお約束できるものでないイベントである旨を、お申込み前に予めご了承くださいますよう、お願い致します。

【チケット購入方法】
本ページ右上よりご購入願います。

【入場方法】
Peatixのモバイルアプリ(iOS、Android)をダウンロードいただき、チケットを購入したアカウントでログインしてください。そのうえで表示される本イベント参加用のチケット表示またはQRコードを受付で係員にご提示ください。
Peatixアプリがダウンロードできない方は、スマホのWebブラウザでPeatixにログインし、QRコードを表示して係員にお見せください。
または、スマホを使うのが難しい場合には、パソコンでPeatixにログインして、イベントQRコードの表示されている画面を印刷して、紙でご提示いただいても入場可能です。

【チケットの種類説明】
混雑分散のため、下記のとおりチケットの入場時間帯を7種に分けさせていただきます。


10時入場チケット
11時入場チケット
12時入場チケット
13時入場チケット
14時入場チケット
15時入場チケット
16時入場チケット

ご理解の程よろしくお願い致します。チケット時間と入退場に関するお願いについて以下に詳細ご説明します。お読み頂きたくお願いいたします。

[1] 時間の意味
「■時チケット」という意味は、基本的にはその時刻にお越しいただくことを想定しております。例えば10時チケットであれば10時頃お越しください。ただし10時開場ですので早く着いてもお待ちいただくことになります。ご了承ください

指定の時刻に遅れても入場できないということは一切ありません。あくまで、コンテンツ体験の混雑を回避するための、ご参加者の皆様への分散来場へのご協力のお願いという趣旨になります。

10時チケットをお持ちの方が遅れて来場されても入場可能です。また、16時チケットをお持ちの方が、どうしても都合で早く参加して早く帰らなくてはいけなくなった、という場合には、前倒しでご来場いただいても入場可能です。
いずれの場合でも、運営側への事前連絡は不要です。

[2] 滞在可能時間
会場に滞在する時間の長さに制限は設けておりません。

[3] 再入場可否
再入場は可能となっております。再入場時には、初回入場時に配布する資料類を係員にご提示ください。
会場では一切の飲食物は提供いたしませんので、ご昼食やご休憩されたい方は、一度退場し、再入場ください。

【キャンセルポリシー】
イベント当日のキャンセル、ならび無断の不参加の場合は返金対応を致しかねます。
前日までのキャンセルについてはPeatix上でキャンセルの旨をご連絡ください。

-------

■FAQ

Q:メディアの取材は可能ですか?
A:当日はプレスとしての受付が可能です。取材希望の方はメディア名、取材者名を、主催までPeatixからメッセージでいただければ幸いです。

Q:セミナーなどは行われますか?
A:本イベントは展示会イベントとなっており、セミナーは行いません。但し前日10月3日(水)19時~、VR Fundによるセミナーを予定しております。こちらは詳細が決定次第、改めてご案内いたします。
また株式会社MoguraブースではB2Bでの活用にとどまらない、VR/AR/MRに関する全般的な相談を受け付けておりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

Q:出展社すべてのコンテンツが体験できますか?
A:1回あたり5~15分程度の体験時間がかかります。会場の混雑度によっては、待ち時間が長くなることも起こりえます。すべてのコンテンツの体験をお約束できるものでないことは予めご了承ください。

■主催者・本企画に関して


本イベントは、株式会社MoguraとDBJキャピタル株式会社の共同開催です。

株式会社Moguraは、国内最大のVR/AR/MR専門ウェブメディアMogura VRを運営し業界に必要な情報を日々発信。メディア事業以外にも体験創出事業、コンサルティング・リサーチ事業、製品販売事業等、各種事業を展開しています。

イベント内容や出展企業の詳細は「公式サイト」をご参考ください。


【出展各社のご紹介】

出展社情報は随時更新してまいります。


出展社名: HTC NIPPON株式会社
出展作品・サービス名: VIVE PROおよびVIVE Focus(予定)
説明: VIVE PROは国内で正式販売されているVR HMDの中では最高の解像度2880 x 1600ピクセルを誇ります(2018年7月現在)。また、同じ解像度でオールインワン型VR HMDとなるVIVE Focusも展示予定ですので、皆様是非ブースにお立ち寄り下さい。
URL: https://www.youtube.com/watch?v=DPMJDXmYwiY



出展社名: 株式会社神戸デジタルラボ
出展作品・サービス名: Display Assistant
説明: 株式会社神戸デジタル・ラボは、株式会社モリサワ様と、Microsoft HoloLensが実現する MR空間での「1.フォントの視認性とデザイン性」、「2.フォントの変化によって生じるユーザー体験(UX)の違い」についての共同研究を行っています。 今回出展させていただく「ディスプレイアシスタント」では、展示されている商品と空間を認識し、現実空間の中に インタラクティブな商品説明や3Dオブジェクトを表示することで商品をより魅力的に、商品のブランディング・価値の向上に寄与します。 「モノ」を消費する時代から「体験」を消費する時代へ、Mixed Realityを活用した新しい購買体験をご提供いたします。
URL: https://www.youtube.com/watch?v=E-yXbmUIzeY



出展社名: 株式会社ナレッジコミュニケーション
出展作品・サービス名: ナレコムVR
説明: ナレコムVRは、Microsoft HoloLens及び、Microsoft Azureを活用したMR活用プラットフォームです。Azure上でHoloLensを利用する上で必要になる3Dモデル表示、空間へのテキスト表示及び記録、言語翻訳などの機能を提供致します。特徴は、以下になります。 [1]Azure FunctionsやAzure Storageを用いたサーバーレス構成によりメンテナンスフリー、低コスト化の実現 [2]Microsoft Cognitive Servicesを利用した音声-テキスト変換、翻訳などの機能を提供 [3]重要なデータを扱うことのできるセキュアなインフラ環境の提供
URL: https://youtube.com/watch?v=DKxVnNeyPtk&feature=youtu.be



出展社名: ZOTAC
出展作品・サービス名: VR用バックパックPC 「VR GO 2.0」
説明: VRアミューズメントシーンのために、有線接続によってストレスのない複数人数同時参加を可能にしたZOTACのバックパックPC『VR GO 2.0』。極力小型化・軽量化したボディにIntel最新世代CPUとNVIDIA社”VR READY”グラフィックスプロセッサを内蔵。ホットスワップ(通電したまま着脱)対応のカートリッジ式バッテリを採用し、長時間中断されることのない連続運転を実現。最先端のVRコンテンツを『VR GO 2.0』でお楽しみください。
URL: https://www.youtube.com/watch?v=DOWXRGNyHiA



出展社名: フォージビジョン株式会社
説明: 全天球動画(360°動画)の中を歩けるコンテンツです。ステレオパノラマやフォトグラメトリーとは異なる技術で、全天球動画を立体化し、近づいたり歩き回ったりすることができます。



出展社名: 株式会社積木製作
出展作品・サービス名: 安全体感VRトレーニング
説明: 製造、建設、設備など現場で働く方々を対象とした安全教育のためのバーチャル体験プログラムです。実際に体験する事が困難な環境や危険の伴う作業を、最新のVR技術で環境再現し、実際の現場に立っているかのように体験して頂きます。事故の危険性を体験として実感することで、座学では身につけることの出来ない経験を身につける事が可能です。
URL: http://tsumikiseisaku.com/vrox/vrtraining/




出展社名: 株式会社Synamon
出展作品・サービス名: NEUTRANS BIZ
説明: NEUTRANS BIZは、複数人が同時にVR空間に接続し、遠隔会議やデザインレビューが行えるビジネス向けのVRサービスです。 物体や空間を3Dデータとして共有可能な点や、アバターの顔や手の動きといった仕草を交えたコミュニケーションが可能というVRの特性を活かして、ブレインストーミングなどのコラボレーションやアイデア創出を活性化します。 NEUTRANS BIZは、VRに慣れてない人でも直感的に使えるUI/UXや気持ちの良い操作性が特徴です。また、パワーポイントなどの資料をVR空間の大画面で共有してプレゼンができる機能や3Dモデルのインポート機能など、既存のソーシャルVRサービスには存在しない、ビジネス用途に特化した独自機能もございます。
URL: https://youtu.be/x8JXk9iFRWE



出展社名: DataMesh株式会社
出展作品・サービス名: DataMesh Live!によるMR自動車デジタルツイン工場の可視化
説明: 本作品は中国のホンダ自動車の製造工程をMRを使って再現し、工場見学およびディーラーの接客場面にて導入いただきました。また、Datamesh Live!によるリアルタイムのMRキャプチャーと可視化を実現できました。 DataMesh Live!とは第三者の視点から現実空間とバーチャルオブジェクトを融合した複合現実空間をリアルタイムで撮影することができるソリューションです。4K画質かつマルチカメラによる複数の角度からの同時撮影やジブアーム・スライダーによる移動撮影も可能なため、MRによる演出・展示を行いたいテレビ局や展示会などで活用されています。CES Asia 2018で『イノベーションアワード(ビデオ / 4K ウルトラ HD分野)』を受賞しました。


出展社名: 株式会社IMAGICA NTTテクノクロス株式会社
出展作品・サービス名: 高品質8K360度全方位立体映像制作 & パノラマ超プレイヤ
説明: 本当に満足のいく実写VRコンテンツに出会った事がありますか? ㈱IMAGICAとNTTテクノクロス㈱は、互いの高い技術を結集し今までにない没入型実写VRコンテンツをお届けします。 IMAGICAは国内唯一の8K360度全方位立体撮影可能なJaunt ONEでの撮影、空間音響による没入感の高いコンテンツ制作を提供しています。しかし、デバイス側の制限により撮影データ自身が持つクオリティを再現できませんでした。今回、NTTテクノクロスが開発したパノラマ超プレイヤにより、本来の8Kクオリティの映像体験が可能になりました。観光、教育、建築など様々な分野において効果の高い演出が可能になります。この貴重な機会にお楽しみください。
URL: https://youtu.be/JJVcfkHDa5E



出展社名: 株式会社スペースリー
出展作品・サービス名: どこでもかんたんVR「スペースリー」のセールスVRや研修VRサービス
説明: 1000社以上へと利用者が広がるスペースリーでは、高品質な360度VRを制作、編集、管理をかんたんにできます。また、事業用に360度VRを上手に活用するためのシステムが充実しています。いつ、誰が、どのコンテンツをどのような興味で見たかがリアルタイムに把握でき、個別の追客や営業マーケティングに効果的に活用できるセールスVRの機能、また360度VRの研修活用ができるシステムが含まれます。それらのデモと、また手のひらサイズのVRグラス「カセット」やその他VRデバイスを用いての体験が可能です。




出展社名: 株式会社eje
出展作品・サービス名: 高画質VR及び、VRイベントパッケージ
説明: VR制作・体験をプロデュース。ドローン撮影やイベントなどのサポートも一貫してお任せ下さい。特にクオリティに関しては自信あり!カンヌ出展作品のスタッフが撮影します。
URL: https://www.youtube.com/channel/UCT4lRm43i5G5gRPiv7LkpxA/videos



出展社名: 日本ノーベル株式会社
出展作品・サービス名: 現実空間をリアルタイムにバーチャル空間に再現する”デジタルツイン”
説明: 現実空間をコピーしたような3Dモデルを作成し、そこに温度などセンサー情報を反映したり、カメラ映像を表示したり、遠隔で鍵の開け閉めしたりできるデジタルツインを作成します。現場に入らずとも現場の状況を直観的に把握できるようになります。さらに複数人で同時に体験共有できる機能を開発中です。



出展社名: silvereye株式会社
出展作品・サービス名: CADデータVR再現ソリューション「InteREAL」
説明: InteREALはVR(バーチャルリアリティ)の臨場感を生かした確認作業ができるVR3DCGビューワーソリューション。設計検討中の自動車部品の各種3DCGデータをInteREALソフトウェアに取り込むことで、ポリゴン生成(テッセレーション)を経てVR空間内に配置することができます。変換後の3DCGデータはCADソフト上の部品構成を維持した状態で配置されるため、コントローラーを使ってパーツごとに取り出して確認することも可能。移動や縮尺の変更もできます。



出展社名: 株式会社デジタル・ナレッジ
出展作品・サービス名: VR+eラーニングサービス
説明: 『VR体験をつながりのある教育研修へ』
eラーニングによる知識学習にVRによる体験学習を加えることで教育効果を向上させます。学習者に継続的な教育研修を実施可能です。また、実施したVR研修の履歴蓄積、効果測定も可能です。



出展社名: 株式会社ケイズデザインラボ
出展作品・サービス名: VR+eラーニングサービス
説明: SUPERSCANSTUDIO 3DVR Optimized AVATAR は高精細人体3Dスキャン&モーションキャプチャシステムで構築されたサービスです。VRのシステム上に本人のフォトリアルなスキャンを持ち込むことでより、コミュニケーションのシーンにおける体験の質を高めることが可能になります。これまで大掛かりなシステムによるモーションキャプチャが主流だった中、手軽で精度の高い、全身モーションキャプチャシステム“Orion”と組み合わせることでハイエンドなモーションキャプチャを必要とせずVR向けに最適化した滑らかな動きを実現します。
データ形式についてはVRコンテンツ向けに最適化したFBX、VRMなど幅広い形式での対応のため、様々なVRコンテンツに向けてご利用いただけます。 今後拡大すると予測されるアバターとのナチュラルなコミュニケーションやナビゲーションを可能とするパッケージサービスです。


出展社名: 株式会社エム・ソフト
出展作品・サービス名: 空間メモアプリ「STag」
説明: 建設現場や、設備の点検、管理、メンテナンスにおけるデジタル記録を飛躍的に効率化するARカメラアプリです。現場空間の床や壁を検出して、その場にARでデジタル付箋(ピン)を貼ることができます。ピンにはテキストメモと写真を追加することができるため、これまでバラバラに管理されていた「対象箇所の位置情報」と「写真」「メモ」をタブレットひとつで管理することが可能になります。


出展社名: 株式会社アルファコード
出展作品・サービス名:VRiderDIRECT
説明:弊社では現在VR事業に力をいれており、VRコンテンツを誰でも創れる、見せられる制作・配信プラットフォームVRCMS「VRiderDIRECT」の展示をいたします。こちらは「VRの民主化」をテーマに、ユーザー様自身が容易に低コストで大量のVRコンテンツの制作を行うことを可能にし、VR空間内の直感的な編集に加え、各種プラットフォーム用に自動で最適なエンコードを行います。是非、弊社ブースにて実際にご体験ください!


出展社名: StarVR Inc.
出展作品・サービス名: StarVR One
説明:今後発売予定のエンターライズ向け超ハイエンドVR HMDです。水平視野角210度という広い視界が特長です。さらにアイトラッキング(視線追跡)昨日を搭載しています。


出展社名: 株式会社ジャパンディスプレイ
出展作品・サービス名:VR向けディスプレイシステムの展示
説明: 次世代を含めたVR専用の高精細ディスプレイの展示を行います。

出展社名: 株式会社QDレーザ
出展作品・サービス名:網膜走査型レーザアイウェア RETISSA Display
説明: RETISSA Displayは、超小型プロジェクタを用いて映像を網膜に直接投影するメガネ型デバイスです。 採用している投影方式は原理的にピント位置や、ピント調整能力の影響を受けにくい特徴があります。 近視や遠視、乱視、老眼など視力に課題がある人でもメガネなどの矯正なしで、 PCやスマートフォンなどから取得した映像をクリアな状態で見ることができます。


イベント内容や出展企業の詳細は「公式サイト」をご参考ください。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#371823 2018-09-20 10:43:19
More updates
Thu Oct 4, 2018
10:00 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
AKIBA_SQUARE(秋葉原UDXビル2階)
Tickets
10時入場チケット(※時間詳細はページ参照ください) SOLD OUT ¥3,000
11時入場チケット(※時間詳細はページ参照ください) SOLD OUT ¥3,000
12時入場チケット(※時間詳細はページ参照ください) SOLD OUT ¥3,000
13時入場チケット(※時間詳細はページ参照ください) ¥3,000
14時入場チケット(※時間詳細はページ参照ください) ¥3,000
15時入場チケット(※時間詳細はページ参照ください) ¥3,000
16時入場チケット(※時間詳細はページ参照ください) ¥3,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Oct 3, 2018.

Venue Address
東京都千代田区外神田4-14-1 Japan
Organizer
Mogura VR
2,687 Followers